当団体について:福岡国税局間税会連合会とは

当団体について:福岡国税局間税会連合会とは

ホーム > 当団体について

年頭のご挨拶

会長写真

福岡国税局間税会連合会 会長

中野 文治

明けましておめでとうございます。
令和3年の年頭にあたり、謹んでご挨拶を申し上げます。
会員の皆さまにおかれましては、健やかに新年を迎えられたものと拝察し、お慶び申し上げます。

さて、昨年は何と申しましても新型コロナウィルス感染に振り回された一年でありました。
経済活動や生活様式までも全てに渡り、過去の有様が否定されたようです。
又そのことは我が国だけでなく、全世界レベルで多大なる影響を及ぼしました。そして未だ先の見えない状況が続いております。願わくは一日も早く予防ワクチンと治療薬の開発・普及を祈っております。

そのような状況下にありまして、昨年の我が間税会はほとんどの事業計画が未実施となりました。しかしながら、全国的に会員数が減少している中で、全国12ブロックの局連で唯一福岡局連は会員数を増やすことができ、各単位会の熱心なる組織増強への取り組みいただきましたことに、厚くお礼申し上げます。

又2022年第49回全間連通常総会開催地が諸般の事情により、2年前倒しとなり、福岡局連に決定いたしました。開催に当たりまして会員の皆さまに温かいご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

コロナ禍のなかで、我が国の税収は所得税・法人税は減少することは避けられませんが、反対に消費税は税目別税収の第一位であり、安定的な財源です。我が間税会は消費税を中心として「適正な申告と納税の実践を通じて円滑な税務行政の運営に寄与する」という基本理念を今こそ再認識し、会の発展に努力しなければなりません。

どうか皆さまには、コロナ禍に怯むことなく間税会の諸活動に対し、倍旧のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

結びに、各単位会の益々のご発展、会員の皆さまのご多幸とご繁栄を心から祈念し、又国税ご当局の皆さまのご活躍とご健勝を祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。


-
間税会とは
-
↑このページの上部へ